Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

国内初のアドベンチャーゲーム『表参道アドベンチャー』が掲載された月刊アスキー1982年4月号を入手しました

スポンサードリンク

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

 ノベル・アドベンチャーゲームの歴史を紐解く上で、決して欠かせない作品があります。それが国内初のアドベンチャーゲームと言われる『表参道アドベンチャー』です。
 制作はアスキー出版。この作品の情報が「月刊アスキー」の1982年4月号に掲載されている……ということは前々から知ってはいたのですが、どうやら資料的価値が高いらしく、ネットオークション等でも出品されるのは希で、しかもかなり高騰する傾向にあったようです。しかしこのたび、運良く入手することができました。

f:id:araicreate:20200209115425j:plain

f:id:araicreate:20200209115508j:plain

f:id:araicreate:20200209115721j:plain

今回、御紹介するアドベンチャーゲームは、全く新しいゲームの1ジャンルを確立したもので、今までのコンピュータゲームには無かった、いわば“ニュータイプ”のゲームということができます。(月刊アスキー1982年4月号 P244)

 この号の巻末付録「年刊AhSKI!(ア・スキー)」に、当時としてはまったく新しいジャンルだったアドベンチャーゲームの紹介がされ、4ページにも及ぶプログラムリストがずらっと掲載されたのです。
 つい先日、ライターでアドベンチャーゲーム研究家の福山幸司さん(@fukuyaman)とお会いし、そのときに「月刊アスキーの1982年10月号には『表参道アドベンチャー』の読者感想が掲載されており、これが国産アドベンチャーゲームの初の感想ではないか」という旨のことを教えていただいたのですが、今回はついでにこれも入手していました。

AhSKI!4月号で初めてアドベンチャーゲームに接して、今までのゲームとは比べものにならないほどの奥行きの深さ、おもしろさに大変感動しました。ゲームを考案した人の発想力の豊かさには脱帽します。(月刊アスキー1982年10月号 P162)

 よほどのインパクトだったのだなと思わせます。ともあれこれ以降、日本でもアドベンチャーゲームが人気ジャンルに成長していきました。
 なお『表参道アドベンチャー』は2004年に発行された『蘇るPC-9801伝説』というムックに収録されており、私も最近になってプレイしたことがあるのですが、何をしたらいいかわからず序盤早々に詰まってしまいました(笑)。当時のプレイヤーは攻略情報もないので、相当に苦労したんだと思います。

蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2004/03/18
  • メディア: 大型本