Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

新米教師のための『アートワール 魔法学園の乙女たち』ヒロインストーリー攻略ガイド

スポンサードリンク

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

 本日10月23日、DMM GAMES『アートワール 魔法学園の乙女たち』(以下、アートワール)がサービス開始から1周年を迎えました。

 当初はただの一プレイヤーだった私ですが、昨年末あたりからシナリオライターとして参加するようになりました。こうして1周年を迎えられたのはとても喜ばしいです。

 さて、1周年を記念して各種キャンペーンが始まっています。この機会にアートワールを始めてみようという人も少なくないと思いますので、攻略ガイドのようなものを書いてみました。参考になれば幸いです。

攻略にあたっての基礎知識

アートワールで重要な3つのポイントが「指導P」「絆P」「超絆P」です。

  • 指導P:バトルを行うのに使用します。毎日12Pずつ配布される他、デイリークエストの達成や有償ガチャのおまけ等で入手できます。
  • 絆P:ヒロインのLvをアップするのに使用します。ガチャ等で入手できます。
  • 超絆P:ヒロインの新規担当と最大Lvのアップに使用します。ガチャ等で入手できます。最初のうちは新規担当を増やすのはそこそこにして、主力ヒロインの最大Lvをアップさせるのを優先させましょう。

そもそもアートワールってどんな目的のゲーム?

 単刀直入に言えば「ヒロインとの恋愛ストーリーを読んで楽しむ」ゲームです。
 バトルや装備品の生成といった要素がありますが、それらはストーリー閲覧の手段であって第一の目的ではありません。
 イベントではランキングが用意されますが、何位であろうと獲得できるのは金銀銅いずれかの「勲章」だけで、*1特別なアイテムや武器防具が手に入るといったことはありません。ストーリーを見るだけなら、ランキングを頑張らなくてもまったく問題はないのです。この点、始めたばかりのユーザーにも優しい仕様になっています。

 ストーリーはすべて、バトルを繰り返すことで解放されます。
 すなわち効率的にストーリーを読み進めたいなら、効率よくバトルに勝つことが求められます。
 そして効率よくバトルに勝つには、そのために最適なヒロインを育成することが求められるということです。

ヒロインストーリーのバトルは物理攻撃中心でOK

 本作のヒロインは、多くのソーシャルゲームで見られるような「レアリティ(RとかSSRとか)」の区分がありません。つまり基本的に優劣というものがなく、適材適所で活躍できるのです。
 しかしながら、各ヒロインのストーリーを解放するためのバトルでは、ある程度敵のメンツが固定されています。となれば、その敵と戦うのに有利なパーティ編成が存在するわけです。

 アートワールのヒロインは大きく分けて、物理攻撃タイプと魔法攻撃タイプがいます。
 全体的な傾向としては、前者は戦闘力あるいは体力に優れ、物理耐性のある敵や回避率の高い敵以外とはだいたい渡り合えます。後者は体力面の不安がありますが、魔法は必中という特性があり*2、特定の弱点を持つ敵と戦うのに有利です。
 そしてヒロインストーリーのバトルには、これといってクセのない敵が多く出現するので、高火力の物理ヒロインがいればだいたい力押しできてしまうのです。
 物理中心で撃破。これを前提に起用するヒロインを考えてみましょう。

前衛は「サクラ」ほぼ一択

 アートワールのバトルは3人のヒロインを前衛、中衛、後衛に配置して行います。
 前衛は高い頻度で敵の攻撃を受けます。したがって戦闘力だけでなく、パーティの盾になれるだけの体力&防御力に優れたヒロインを起用するのが望ましいです。
 これに該当する物理ヒロインの筆頭が「サクラ」です。

f:id:araicreate:20191023205742p:plain

 サクラの戦闘力は全ヒロイン中3位のS-で、体力もA+と高いレベルにあります。装備できる防具のタイプが「重鎧、甲冑」で、これにより堅牢な盾としても立ちはだかってくれます。実際、攻守兼備のサクラはサービス開始当初から使いやすいと評判でした。
 なお第1回人気投票で1位、第2回人気投票でも2位を獲得しており、トップクラスの人気を誇るヒロインです。ルックス、性格など要因はさまざまあるでしょうが、「多くのユーザーがバトルでお世話になっていて親しみがある」のも一因かと思います。

中衛は候補者多し。戦闘力だけでなく素早さも考慮したい

 中衛の物理ヒロインは、まず前衛に劣らない戦闘力が求められます。サービス開始当初から多くのユーザーがこのポジションに起用していたのが「プリシラ」です。

f:id:araicreate:20191023205819p:plain

 プリシラはクマさんのぬいぐるみで戦うというスタイルです。クマさんは本体の数割増しの攻撃力で戦ってくれます。プリシラのステータス上の戦闘力はA+ですが、この特性により、サクラと同等以上の火力を誇るのです。
 またクマさんがプリシラの被ダメージを30%肩代わりするため、小柄な見た目に反しそれなりに耐久力もあります。クマさんが消滅してしまうとガクッと力が落ちますが、復帰するまでの間はサクラに耐えてもらいましょう。

 というわけでプリシラを選んでおけばほぼ間違いはないのですが、手数で勝負するスピード系アタッカーを起用するのも有力です。
 その最有力候補が「ジーナ」です。

f:id:araicreate:20191023205844p:plain

 ジーナの素早さはA+で、全ヒロイン中同率2位です。戦闘力はA-ですが、デフォルトで複数回攻撃するという特性を持ち、また攻撃時にバッドステータスの<隙>*3を与えることがあります。上手くハマれば、バトルを相当に有利に運べます。担当するのに必要な超絆Pが90と高いのは、ややネックでしょうか。
 なお第2回人気投票では堂々トップを勝ち取っており、冬の大型ストーリーイベントでの活躍が期待されています。

 戦闘力がA-以上、素早さがA以上のスピード系アタッカーは他にヴァネッサコゼットメイがおり、いずれ劣らぬ魅力があります。
 中衛は自由度がかなり高いので、好みで決めてしまってもよいでしょう。

後衛は「ファイアドレイク」の弱点を突ける魔法ヒロインを

 全ヒロインストーリー最大の難関が、Lv30のバトルで出現する強敵「ファイアドレイク」です。この敵は物理攻撃に耐性があるため、前衛と中衛の物理ヒロインだけでは対処が難しくなります。
 しかしファイアドレイクは氷、雷などいくつかの魔法属性が弱点となっています。よってこれらの弱点を突ける魔法ヒロインを後衛に配置するのが有効です。
 その第一候補は「クラウディア」です。

f:id:araicreate:20191023210535p:plain

ストーリー中でもこう言っています。

 クラウディアは氷魔法の使い手で、スペシャル魔法は「攻撃力50%の氷属性攻撃を、敵ランダム単体へ6回繰り返す」という強力なものです。対ファイアドレイクの強力な切り札になってくれるでしょう。
 またクラウディアは、よい装備を作るのに欠かせない研究力がS+と全ヒロイン中最高で、この意味でも早めに育成しておきたいヒロインです。クラウディアがいるのといないのとでは、攻略速度に差が出てくるでしょう。担当するのに必要な超絆Pが90と高いですが、それだけの活躍をしてくれます。

 クラウディアと並ぶ性能のヒロインが「ウィステリア」です。

f:id:araicreate:20191023205941p:plain

 ウィステリアの操る雷魔法「雷蛇ギルデルカ」は、本体の倍以上の攻撃力を叩き出すという特性を持っています。数回攻撃すると消滅し、雷蛇の召喚までに少し時間がかかるという欠点がありますが、通常の攻撃力はクラウディアよりも上なのです。
 またウィステリアの研究力はS-と、クラウディアに次ぎます。担当するのに必要な超絆Pは40で、クラウディアではなくウィステリアを選ぶのであれば、その分他のヒロインを担当することや、最大Lvのアップができます。

 


 今回ご紹介したのは、あくまでもヒロインストーリーを効率よく攻略していくための編成です。素材を入手するための討伐任務は、パーティ編成に多少の工夫が必要になるでしょう(特に後衛の魔法ヒロイン)。
 困ったら「アートワール攻略Wiki」を読むのをおすすめします。

アートワール攻略 Wiki - アートワール攻略 Wiki

*1:もうひとつの勲章として、ランキングのトップ20に入れば「告知劇場」と呼ばれるコーナーでユーザー名が読み上げられます。これのために毎度熾烈な競争が繰り広げられます。

*2:「暗闇」状態ではミスすることもあります。

*3:敵の回避率が減少し、被クリティカル率が増加する。