Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

一周回ってユニーク? コマンド入力式アドベンチャー『おじいちゃんの機械』

スポンサードリンク

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

【参考記事】『倉庫番』開発者・今林宏行さんはノベルゲームの出現を正確に予言していた

『倉庫番』などで知られるベテランゲームクリエイターの今林宏行さんが、このたびコマンド入力式アドベンチャーの『おじいちゃんの機械』をリリースされました。

f:id:araicreate:20190908204910p:plain

さっそくプレイしたのですが、序盤で詰まっちゃいました。

 コマンド入力式アドベンチャーというのは、若い人には馴染みがないかもしれません。かくいう私も、リアルタイムで遊んだことはありません。
 1970年代後半~1980年代前半にアドベンチャーゲームというジャンルが認知されましたが、この頃はキーボードで「ランプ 取る」などキーボードでコマンドを入力するタイプのアドベンチャーゲームが主流でした。
 しかしやがて「それじゃかったるくてしょうがない」ということで、あらかじめ用意されたコマンドを選択するタイプのアドベンチャーが流行するようになりました。それがさらに発展することで、コマンド選択を排したストーリー重視のサウンドノベル・ビジュアルノベル形式のゲームが人気を博すことになります。

 しかしアドベンチャーの元祖たるコマンド入力が完全になくなったわけではありません。ミステリー作品の犯人の名前当てなどに、このシステムが活用されるようになりました。またインディーゲームにおいても、2000年代の中頃にフリーのツール『BLACK DIAMOND』というのがありました。

www.onoda-pro.com

 フリーホラーノベルゲームの有名作『恐怖の花子さん』をご存じの方は多いかもしれません。その外伝作品である『恐怖の花子さん~メメちゃん's story~』はこのツールを使っており、なかなか楽しめる短編です。

恐怖の花子さん〜メメちゃん's story〜の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

 

 さて、もうすぐ2020年代を迎える現代のゲーム業界において、コマンド入力式アドベンチャーはどのような意味合いを持ちうるのか。
 それは単なる温故知新ではない、若い人にも訴求しうるユニークコンテンツではないでしょうか。
 今後のアドベンチャーゲームの主流には決してなり得ないけれど、「これ超ウケる」と、SNSでたまにバズったりするような。
 つまりゲームと言うより、もっと幅広いWebコンテンツとしての意味合いが期待される。そう思っています。工夫次第でいかようにも、面白いモノができるでしょう。

レトロゲームMANIAX レジェンドADV ’80?’00 (myway mook)

レトロゲームMANIAX レジェンドADV ’80?’00 (myway mook)