Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

本邦初のアドベンチャーゲーム制作指南書「ジ・アドベンチャー」

スポンサードリンク

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

アドベンチャーゲーム制作ツール、その源流を辿る

これこそがツクールシリーズの元祖! 「アドベンチャー・ツクール」

 何度か書いていますが、最近の私はノベル・アドベンチャーゲームの歴史を制作ツールという観点から捉え直してみるという試みをしています。
 そして制作ツールとともに重要なのが、そのツールの具体的な使い方を教えてくれる指南書です。今時はどんなツールでも、ほとんどウェブ上の情報で事足りるかもしれませんが、インターネットの普及以前は当然ながら、書籍を通じてしか学ぶことはできませんでした。

 では日本でもっとも古いアドベンチャーゲーム制作本は何か? その答えがおそらくこちらの本です。

f:id:araicreate:20190621125433j:plain

 沼田裕さんの「ジ・アドベンチャー」。出版社は現在もコンピュータ関係の本を多く出している秀和システムです。ちょっと前にこの本の存在を知ったのですが、現物を入手するのはまあ無理だろうと思っていました。何しろ発行が1983年です。Amazonのマーケットプレイスにもヤフオクにもありませんでした。
 しかし気まぐれにメルカリで検索をかけてみたところ、なんとビックリ出品されているではありませんか。私はメルカリをそれまで利用したことはなかったのですが、即登録即購入です。いやはや運がよかった。

 さて、この「ジ・アドベンチャー」という本、約400ページの大著です。目次の章タイトルをピックアップしてみると――

  • 第1章 アドベンチャーゲームとは
  • 第2章 アドベンチャーゲームの発想法
  • 第3章 アドベンチャーゲームづくりの実際

 初心者向けにBASICで制作するというプロセスが取られていますが、それ以前のアドベンチャーゲーム制作の心構えから書かれているのです。
 しかもPC-8801版とFM-7/8版の両方が出版されました。また、書籍内で紹介したサンプルゲームを実際に遊べるパッケージ版が別途発売されました。当時はまだまだパソコンが、そしてパソコンゲームが一般的とは言えなかった時代ですが、このようなマニアックな書籍が出版されていたことに驚きを覚えます。
 実はこの本について、著者自らがブログで語っています。

ameblo.jp

 4,000部ずつ刷られたのですが、実際はあまり売れず、裁断されてしまったものも多かったようです。所有していたけれど捨ててしまったという人もいるでしょう。つまり現在出回っている数は、相当に少ないということですね。
 とにもかくにも、いい資料を入手することができました。いずれアドベンチャーゲームの歴史本を書く際に(そんな日が来るのか?)、おおいに参考になるでしょう。