Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

良作(間違いなしの)ノベルゲーム『ハルカの国』がクラウドファンディングに挑戦、そして即達成!

スポンサードリンク

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

www.araicreate-blog.com

 先日体験版をレビューした『ハルカの国』ですが、このたびクラウドファンディングで開発資金を募ることになり、プロジェクトが公開されました。

「ハルカの国」は2018年夏より制作を開始しました。当初はPlay時間八時間程度を予定しており、2019年春先に発表をと考えていたのですが、物語が大きくふくらみ、とても八時間では収まらない内容へと変わりました。

そのため、用意していた資金では完成までの創作時間確保に不足が出てしまいました。

創作を一時中断して資金調達に励むことも考えていますが、出来ることならこのまま創作を続け、可能な限り早期に皆様のもとへ完成品を届けたいと思い、この度は支援を募らせていただきました。

 ということで、国シリーズのファンの方は支援を検討してみてはいかがでしょうか。ちなみに私は、すでに支援いたしました。

 

 インディーノベルゲームのクラウドファンディングは国内海外問わず、多くのクリエイターがチャレンジしています。しかしプロジェクト達成に至ることができるのは、はたしてどれほどあるか……。統計を取ったわけではないですが、そう多くはないでしょう。
 当ブログでは『FATAL TWELVE』『天穹の境界線』『隣人-Neighbor-』を取り上げたことがありますが、これらは数少ない大成功の類だと思います。

クラウドファンディングも大成功、世界が注目するインディーノベルゲーム『FATAL TWELVE』

制作メンバーは全員中高生! 『天穹の境界線』を要チェック

ハイクオリティのホラーノベルゲーム『隣人』が復活!

 私もゲームではないですが、一度クラウドファンディングをやったことがありました。しかし箸にも棒にもかからぬ結果に終わってしまい、今も苦い記憶となっています。クラウドファンディングは相当に準備しないと、そしてターゲットに周知されないと成功しないのです。
 今回の『ハルカの国』は、準備は十分でしょう。あとはどれだけ知られるか。国シリーズのファンは少なくないと思うので、達成できる可能性はあると思います。

 ――と、ここまでを予約記事として書いていたんですが。

 1時間も経たないで達成してるじゃないですか! すごい! おめでとうございます!