Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

恋愛アドベンチャーで定評のある(猫)milkcatが約10年ぶりの新作を開発中!

スポンサードリンク

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

『Sake of You ~始まりの季節から~』
『なつのおわりに』
『ヒトナツの夢』

 これらのタイトルに懐かしさを覚える方は、なかなか年季の入ったフリーゲームファンです。2000年代前半から後半にかけて恋愛ビジュアルノベル、アドベンチャーをリリースしてきたサークル(猫)milkcat。こちらの作品には、自分も楽しませてもらっていました。

 2009年に有料作品『ほたるゆき』を頒布して以来、目立った動きがなかったのですが、このたびサークル15周年、10年ぶりと銘打った新作の開発が公表されました。

 あの頃に精力的に活動していた同人ゲーム作家たちは、生活スタイルの変化などで、その多くが活動を大幅縮小したり、ゲーム制作そのものをやめてしまっています。それでもこうして、忘れかけた頃にひょっこり活動再開することがある。なんとも嬉しいかぎりです。

 

 ところで『ほたるゆき』ですが、確かコミケに足を運んで購入したと記憶しています。そして現在は一部要素を削除した上で、フリーゲームとして公開されています。以前レビューサイトをしていたときに書いていたレビューが残っていたので、一部調整して掲載します。プレイの参考にしてみてください。

 


―淡い淡い青春学園恋愛ノベル―

(猫)milkcatは2003年からフリーの恋愛アドベンチャーを制作してきた、キャリアのあるサークルだ。以前にこちらのフリーゲームを楽しんでプレイしていた身としては、この新作は嬉しかった。

 海鳴高等学校に通う高峰康汰は、妹やクラスメイトらと平穏な日常を過ごしている。彼はどこか影のある少女、結里ほたると出会った。かつて剣道の試合で相手を死なせてしまった康汰。「あたしが死神だから」と言うほたる。それぞれ過去を抱えた両者のストーリーが、変なギャグを用いることもなく、素直な文章とフルボイスで展開されていく。キャストは全員アマチュアのネット声優らしいが、まあまあといったところ。過去作「ヒトナツの夢」の4年後という設定だが、プレイしていなくても支障はない。

 それにしてもこの「ほたるゆき」というタイトルは、この作品に漂う淡さを表現するのに適切だった。恋愛関係になる康汰とほたるだが、 イチャイチャ甘ったるい描写はあまりない。そしてふたりに隠された関係も、あまりにも悲しすぎるというものではないが、薄い霧がかかったような微妙なやりきれなさがある。ところでパッケージ絵にKanonよろしく天使の羽が描かれていて、 やっぱりファンタジー要素があるのだろうか……と思っていたら、本筋ではほとんどそういうのはなかった。何か奇跡が起こってハッピーエンド! という方式でないのは、嬉しい誤算。切なさを残すエンディングは心地よかった。

 実にオーソドックスな青春学園恋愛ノベル。非常にストレートなので、濃ゆい作品ばかりプレイしている人は、「普通の学園恋愛ものも、たまには……」という気持ちで試すといいかも。実際、いい口直しになった。


 

 新作の公開は5月予定。楽しみに待ちたいと思います。