Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

フリーゲーム

突如天狗になった少女の成長物語『みすずの国』レビュー

ここ数年の私は仕事にかまけて新規のノベルゲーム開拓をなかなかできずにいたのですが、今年5月に行われたコミティアのビジュアルノベル部に足を運んだのがきっかけで、ようやくその意欲も再燃していました。 【参考記事】コミティアのビジュアルノベル部を…

ご存じですか? 名作ツクールホラー『囚人へのペル・エム・フル』のリメイク計画

伝説のツクール作品、と呼ぶにふさわしいゲームはいくつかありますが、『囚人へのペル・エム・フル』は間違いなくそのひとつに数えられるでしょう。 tkool.jp 『囚人へのペル・エム・フル』は八百谷真さんによるRPGツクール Dante98 Ⅱ製の作品で、1998年にフ…

伝説のFlashゲーム『こ~こはど~この箱庭じゃ?』がプレイできなくなる? それとも存続?

インターネットの隆興期を支えたWebサービス「Yahoo!ジオシティーズ」が2019年3月末をもって終了することは、大きなニュースになったのでご存じの方も多いと思います。 info-geocities.yahoo.co.jp 私も一番最初のサイトをジオシティーズで作ったので、いろ…

アパシーシリーズの佳作『アパシー レンタル家族』がフリーゲーム化

飯島多紀哉さんのサークル七転び八転がりは、これまでにさまざまな作品を世に送り出してきました。やはり人気があるのは『学校であった怖い話』関係の作品なのですが、そうでない作品もちらほらとあります。 そのひとつが2008年リリースの『アパシー レンタ…

インド神話の英雄・アルジュナの壮大な冒険譚をフリーゲームで! 『白銀の守護者よ、ナラを冠せよ 十二年の禁欲』

最近はフリーゲームを取り上げることがすっかり少なくなってしまいましたが、このたびとても興味深い作品がリリースされました。 サークルクロチカの『白銀の守護者よ、ナラを冠せよ 十二年の禁欲』。 古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」における英雄・ア…

名作短編フリーノベルゲーム『雪花 -きら-』公式サイトが久しぶりに更新。そして閉鎖告知

本当に、たまたまでした。私がニコニコチャンネルで運営している(もう全然更新してないのですが)フリーノベルゲームのレビューブログ「特選 ゼロ年代フリーAVGレビュー」をつらつらと見直していたのです。 そして、ある作品のサイトにアクセスしました。そ…

フリーゲームユーザーのための『Doki Doki Literature Club!』プレイガイド&ネタバレなしレビュー

※致命的なネタバレはありません 海外発、驚異的ヒットのビジュアルノベル 『Doki Doki Literature Club!』(以下DDLC)をご存じでしょうか。 ddlc.moe 海外のゲームクリエイターDan Salvato氏によるアドベンチャーゲームで、昨年に無料でリリースされるや、…

【朗報】フリーノベルゲームレビューの「NaGISA net」がブログで復活

先日、合作超短編ノベル企画『ショートショートショート100』の記事で、フリーノベルゲームレビューサイトを運営していたNaGISAさんが復帰したことを書きましたが、なんとレビューサイトそのものもブログとして復活しました。 て事で、NaGISA netをブログに…

フリーのFGO二次創作アドベンチャーゲーム『模擬空想回廊 フィンマルケン』がリリース!

ゴールデンウィークもそろそろ終わりですが、最後に何かいいゲームをプレイしたいなと考えている人にうってつけの作品があります。 アンぐだ♂ゲーム、できました! | YOUKA [pixiv] https://t.co/KE8rZMjKE2こちらから遊べます▼ URLクリックでゲームが始まり…

第13回ふりーむ!ゲームコンテスト結果発表 、当ブログの注目作品はこれ!

フリーゲーム大手のふりーむ!が主催する「第13回ふりーむ!ゲームコンテスト」の結果が発表されました。 www.freem.ne.jp 当ブログとして注目したいのはやはり、ノベル・アドベンチャーゲーム部門です。 タイトルとあらすじ、スクリーンショットをパッと見…

合作超短編ノベル企画『ショートショートショート100』に注目しよう

フリー・同人ノベルゲームの世界では、しばしば合作が企画されます。普段は接点のないクリエイターたちが一堂に会して、バラエティ豊かな物語を紡ぎ上げるのです。 そして現在、こんな企画がはじまっているようです。 short100.blog.fc2.com ノベルゲーム「…

恋愛アドベンチャーで定評のある(猫)milkcatが約10年ぶりの新作を開発中!

『Sake of You ~始まりの季節から~』『なつのおわりに』『ヒトナツの夢』 これらのタイトルに懐かしさを覚える方は、なかなか年季の入ったフリーゲームファンです。2000年代前半から後半にかけて恋愛ビジュアルノベル、アドベンチャーをリリースしてきたサ…

ノベルゲームを初めて作るなら短編を!

今週の日曜日、ちょっと早い忘年会に参加しました。午後3時からという早い時間からのお酒は、とても楽しいものでした。 参加者の中には私と同じクリエイター畑の人たちも多くいて、ノベルゲーム制作者もいました。今回ご紹介するのはその中から、サークルE.L…

種と善悪と生き様と。『Creatures~生きとし生けるもの達へ』

私もドラクエやFFで育ったRPG大好き人間ですが、ゲームクリエイターになってこのかた、RPGを作ったことはありませんでした。しかしクリエイターとしての芸風を広げるためにも、買ってからずっとほったらかしにしていたRPGツクールMVの使い方を本格的に覚えよ…

フリーゲーム作家の小さな喜び

苦労してフリーゲームを完成させ、公開。プレイヤーから感想をもらう……。これだけでも充実感があるものですが、そこからまた小さな喜びがやって来たりします。そう、出版社からの雑誌掲載依頼です。 パソコン雑誌には数ページ程度のフリーゲームコーナーがあ…

良作怪作なんでもあり! ティラノゲームフェス

先日のノベルゲーム制作ツールの歴史でも取り上げましたが、今もっとも人気のツールのひとつがティラノスクリプト&ティラノビルダーです。 tyrano.jp タグリファレンスの充実、活発なコミュニティ、有志によるお役立ちプラグインの公開など、初心者にとって…

著作権切れ小説をサウンドノベル化したらパクリと言われた件

フリーゲーム作家時代、私は著作権切れ小説を使ったサウンドノベル、その名も『名作サウンドノベルシリーズ』を制作していました。今もベクターで公開しています。 その小説はどこから手に入れるかというと、もちろん青空文庫からです。以前から主張している…

フリーゲームコンテストの思い出

フリーゲーム作家から創作活動を開始した私ですが、たびたびフリーゲームコンテストに参加していました。 ふりーむ![ 第1回ふりーむ!ゲームコンテスト:結果発表 ] 現在も続いている「ふりーむ!ゲームコンテスト」の第1回に『稲妻教師&女教師 伝説の教…

伝説のフリーホラーノベルゲーム『1999ChristmasEve』、その知られざるバージョン

今も多くのクリエイターに愛用されているノベル・アドベンチャーゲーム制作ツールの「吉里吉里2/KAG3」。私がはじめてノベルゲームを作ったときも、これを使わせてもらっていました。あの『Fate/stay night』に採用されたことでも知られています。 このツー…

特選 ゼロ年代フリーAVGレビュー

これまで主に有料の同人ゲームを取り上げてきましたが、もちろんフリーゲームのほうがプレイ経験は多いです。それで数年前、このようなブログを書いていたことがありました。 ch.nicovideo.jp 2000~2009年にリリースされたフリーのノベル・アドベンチャーゲ…

学怖ファンは必見。『大学生にもなってあった怖い話』

私が『学校であった怖い話』の大ファンであることは以前書いたとおりですが、この作品のパロディもいろいろとあるものです。 サークルエキゾチック占姥が2010年にリリースした『大学生にもなってあった怖い話』。これを発見したときの衝撃といったらなかった…

水仙の花言葉は? 空虚な現代人を描いた大ヒットフリーAVG『ナルキッソス』

フリーゲームからはじまり、ノベライズ、コミカライズ、コンシューマー化など次々と商業展開を果たす……クリエイターにとっては夢のような話ですが、こちらはその代表的な例でしょう。 個人サークルステージ☆ななからリリースされた『ナルキッソス』。 作者は…

フリーアドベンチャーゲームを作り続けて15年以上。感嘆の継続力

一作も世に出せず空中分解してしまう同人サークルが少なくない中、15年以上の長きにわたり、ひとりでアドベンチャーゲームを作り続けているクリエイターもいます。 ファンタジーアドベンチャー『アークサイド』。 学園ホラーアドベンチャー『学校七不思議』…

親愛なる孤独と苦悩へ。天の同人作家に捧ぐレビュー

彼とは一度、昨年のコミティアで話したことがある。 ご存じのとおり、コミティアはオリジナル作品のみを頒布できる即売会だ。パロディ無用、己の創意工夫のみで勝負する、楽しくも厳しい世界。 先日、即売会での頒布部数について話題になっていた。オリジナ…

鬼才・渡辺僚一現れり。大長編ビジュアルノベル『冬は幻の鏡』

ああ、これこそが同人だ。 何にも囚われない。人真似ではない。独自の世界を持つ物語。 そう思った数少ない作品のひとつがこちらです。 サークル半端マニアソフトが2003年にリリースした『冬は幻の鏡』。この作品を知ったきっかけは、さる大手レビューサイト…