Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

良作アドベンチャーゲームを数々送り出した同人サークルRay [rei]が活動休止

今日から新年度ですが、これを契機にひとつの同人ゲームサークルが活動休止を迎えました。 サイトに以下の情報を掲載しました。*活動休止のおしらせ*「時函-Time Capsule-(R18)」を2500円→1000円に値下げしました。*「魔歌使い」(フリー)を再公開しまし…

100個の物語を詰め込んだフリーノベルゲーム『ショート・ショート・ショート100』がいよいよ公開!

www.araicreate-blog.com 以前にも記事を書いたことがある合作超短編ノベル企画『ショート・ショート・ショート100』が、明日3月23日についに公開されるとのことです。 【公開日程に関して】「ショート・ショート・ショート100」はノベルゲームコレクション…

『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』のレビュー記事をもぐらゲームスに寄稿しました

久しぶりにゲームライターの仕事をしました。 将棋ライターとしても活躍中のアライコウ氏(@araicreate)に、将棋ものとしての見所にも踏み込んでレビューいただきました!『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』 将棋400年の雄大なる歴史、そして棋士の魅力…

国内初のアドベンチャーゲーム『表参道アドベンチャー』が掲載された月刊アスキー1982年4月号を入手しました

ノベル・アドベンチャーゲームの歴史を紐解く上で、決して欠かせない作品があります。それが国内初のアドベンチャーゲームと言われる『表参道アドベンチャー』です。 制作はアスキー出版。この作品の情報が「月刊アスキー」の1982年4月号に掲載されている………

いつでも復刻イベントを楽しめるソーシャルゲームがもっと増えてほしいという話

私が一部シナリオで参加しているDMM GAMES『アートワール 魔法学園の乙女たち』(以下、アートワール)ですが、先週の更新でいつでもストーリーイベントを復刻プレイできる機能が実装されました。具体的には「専用アイテムをショップで購入し使用することで…

フリーノベルゲーム歴20年のライターがおすすめする年始にプレイしたいゲーム10選

2010年代もいよいよ今日で終わりですね。私は過去最高といっていいほど仕事に忙しく、このブログもあまり更新できていませんでした。しかし大晦日くらいまともに更新しようと思います。 私のフリーノベルゲーム歴はちょうど21世紀に入ったくらいからなので、…

日本のビジュアルノベルのジャンルが海外書籍で面白そうに書かれている件

この2019年、私が取り組んできた……というより資料集めに終始していたのですが、ビジュアルノベルの歴史、とりわけ個人制作のノベル・アドベンチャーの歴史を勉強することでした。 アドベンチャーゲーム制作ツール、その源流を辿る これこそがツクールシリー…

すべてのSF好きにおすすめしたい同人ノベルゲーム『虚構英雄ジンガイア』が冬コミで無料頒布!

『虚構英雄ジンガイア』レビュー序論――ノベルゲームの父親不在 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.1――連作ノベルゲームの理想型 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.2――ノベルゲームへのゲーム的アプローチ 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.3――インディ…

『ひぐらしのなく頃に』が文芸誌『ファウスト』で取り上げられた衝撃とその予告

ゼロ年代同人ノベルゲームの中でも『月姫』と並ぶ金字塔『ひぐらしのなく頃に』。最近Nintendo Switch版を購入したのですが、原作との違いを楽しみながらゆっくりプレイしています。 ひぐらしのなく頃に 奉 完全生産限定版 - Switch (【特典】圭一&沙都子の…

自然消滅したサークルの未完成作品の体験版を今も置いているミラーサイトという同人ゲームの歴史を支える隠れた功労者

ふと、とある未完成同人ゲームのことを思い出して検索すると、こんなサイトがヒットしました。 https://kokoron.madoka.org/mirror/D/saikolo.html いわゆるミラーサイトというやつです。アクセス集中の際の不具合を避けるために、容量の大きいファイルはゲ…

フリーゲーム作者には一度有料ゲームのリリースに挑戦してみてほしいという話

Twitterにこんなツイートが流れてきました。 「フリーのゲーム作って公開してたら、めっちゃ意見やクレームが来た。だから、有料でなんか出したら「金払ったんだから!」と腕まくりして一層すごいの来そうで怖い。」と、思うでしょ?不思議なことに、私はフ…

『ファタモルガーナの館』まだまだ新展開がある模様!

【参考記事】2010年代を代表するインディーノベルゲーム『ファタモルガーナの館』その軌跡 先月、PS4リメイク版がリリースされた『ファタモルガーナの館』。私も仕事の合間を縫ってプレイしています。 ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITIO…

ティラノゲームフェス2019の応援スポンサーになりました

TyranoGameFes 2019|ノベルゲームに特化した開発コンテスト。優勝賞金10万円 今や毎年恒例、そして最大級のアマチュアノベルゲームコンテストに成長したといっても過言ではないティラノゲームフェス。 今年も多くの作品が集まったようで何よりですが、前…

新米教師のための『アートワール 魔法学園の乙女たち』ヒロインストーリー攻略ガイド

本日10月23日、DMM GAMES『アートワール 魔法学園の乙女たち』(以下、アートワール)がサービス開始から1周年を迎えました。 【14日間無料10連ガチャのお知らせ】本日10/23でサービス開始から1年が経ちました!皆様、いつもご愛顧くださり誠にありがとうご…

『アートワール 魔法学園の乙女たち』の時系列を作中から判断できる範囲でまとめてみた

【参考記事】DMM GAMES『アートワール 魔法学園の乙女たち』にシナリオ参加しています 私がシナリオ参加しているDMMのソシャゲ『アートワール 魔法学園の乙女たち』ですが、そろそろ1周年を迎えます。ありがたいかぎりです。私は外部スタッフですが、一ユー…

同人ノベルゲームの隆興を担い、今も細々と続いている葉鍵系二次創作

ゼロ年代に入ってからの同人ノベルゲームの隆興は、まずTYPE-MOONの『月姫』の登場、そしてアマチュアでも比較的手軽に扱える制作ツールの登場が重要なファクターになっていますが、もちろんそれだけではありません。 ビジュアルノベルを提唱したLeaf、そし…

美少女ゲームのトップブランド・オーガストの同人時代の作品『One Way Love ~ミントちゃん物語~』

【参考記事】月姫以前では屈指の大作同人ノベルゲーム『Remel』を入手しました 美少女ゲーム業界のトップブランドといえばどこか、いろいろな意見があるかと思いますが、間違いなく候補に挙がるのがオーガストです。 オーガストは2002年に『バイナリィ・ポッ…

一周回ってユニーク? コマンド入力式アドベンチャー『おじいちゃんの機械』

【参考記事】『倉庫番』開発者・今林宏行さんはノベルゲームの出現を正確に予言していた 『倉庫番』などで知られるベテランゲームクリエイターの今林宏行さんが、このたびコマンド入力式アドベンチャーの『おじいちゃんの機械』をリリースされました。 あま…

多言語対応アドベンチャーゲームは40年前から存在していた

現在、多言語対応のノベル・アドベンチャーゲームはよく見られます。たとえば先日PS4で発売されたインディー発の『FATAL TWELVE』は、ゲーム中に日本語と英語を自由に切り替えられることをアピールポイントのひとつにしています。プレイヤー層を広げられるだ…

月姫以前では屈指の大作同人ノベルゲーム『Remel』を入手しました

同人ノベルゲームの歴史をいつかまとめたいと思っているのですが、そのために触れなくてはならない作品はいくつかあり、これもそのひとつだろうと思います。 2000年8月にリリースされた、うさぎ倶楽部『Remel』。ごくオーソドックスな、しかし当時としてはき…

海外の本でティラノビルダーが取り上げられていた件と、ノベルゲームの技術書の歴史について

最近、ノベル・アドベンチャーの歴史調査の一環として、昔に海外で刊行されていた技術書やらコンピュータ系雑誌やらを海外のAmazon、オークションサイトのeBayで購入しています。 アドベンチャーゲームの作り方、的な雑誌記事は「Creative Computing Magazin…

フリー・同人ノベルゲームは人気クリエイターの足跡を刻む歴史的資料でもある

個人や小規模サークルの制作したフリー・同人ノベルゲームは、ずいぶん昔からあるわけですが、家庭用PCやインターネットが広く市民の間に普及した、2000年頃のいわゆるIT革命を契機として、その数を爆発的に増加させました。今も人気のノベルゲーム制作ツー…

伝説のCLANNAD二次創作ノベルゲーム『NETANNAD』作者が送るオリジナル長編ノベルゲーム『実験的なテアトロ』が十数年の時を経て小説で完結を目指すという話

『NETANNAD』という作品をご存じでしょうか。ゼロ年代に熱心にフリーゲーム、同人ゲームを追っていた人なら覚えているかもしれません。 Keyの名作『CLANNAD』は、当初2002年発売予定とされていましたが、開発は長期化し、リリースされたのは2004年でした。そ…

幼少期からBLに割り込む女。『慰愛の詩』体験版レビュー

「BLに割り込む女。」 このインパクト抜群なコピーが以前にバズったのをご存じの方もいるかと思います。実際私も衝撃を受けました。 となりがBLのサークルさんっぽいんですがその横でこのポスターをつるす勇気が、あのすごい泣きそうになってきた pic.twitte…

もっとも古いアドベンチャーゲーム制作ツールのひとつ「Adven-80」

先日、eBayという世界最大級のオークションサイトを初めて利用しました。というのも、ノベル・アドベンチャーゲーム制作ツールの歴史上、見逃せない史料が出品されていたからです。で、それが本日ようやく届きました。 かつてアメリカで刊行されていたコンピ…

フリー恋愛アドベンチャーのひとつの理想型。『ハッピーエンドに花を添えて』レビュー

【参考記事】恋愛アドベンチャーで定評のある(猫)milkcatが約10年ぶりの新作を開発中! 今回のフリーゲームレビューは(猫)milkcatの『ハッピーエンドに花を添えて』。第14回ふりーむ!ゲームコンテストでは見事に恋愛アドベンチャー部門の金賞を受賞して…

何を言ってるかわからない! ドイツ語音声を起用した驚異の同人ノベルゲーム『Summer!』が今夏リリース

あと1ヶ月ほどで夏のコミックマーケットですね。今回も多くの同人ノベルゲームが新たに頒布されることと思います。 で、さっそく注目したい作品が発表されました。 「サマーバケーション(仮)」改め、「Summer!」のWebページ公開しました。ドイツ語ネイティ…

小品、しかし大きな可能性の実験作『KaleidoScopic』レビュー

今回のフリーゲームレビューは、いりえさん(@IriethotADV)の『KaleidoScopic』です。いりえさんは元商業ゲームプランナーで、最近ゲームライター活動を開始された方です。Twitterでは日々、ノベル・アドベンチャーゲームについてのさまざまなツイートをさ…

『1999ChristmasEve』がなければFateはなかったかもという話

以前このブログでも書いた【世界のビジュアルノベルゲームは今。第3回「ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」】に、昨夜参加しました。 【世界のビジュアルノベルゲームは今。第3回「ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」】に参加します アド…

本邦初のアドベンチャーゲーム制作指南書「ジ・アドベンチャー」

アドベンチャーゲーム制作ツール、その源流を辿る これこそがツクールシリーズの元祖! 「アドベンチャー・ツクール」 何度か書いていますが、最近の私はノベル・アドベンチャーゲームの歴史を制作ツールという観点から捉え直してみるという試みをしています…