Arai Koh's Create Life

シナリオライター&ゲームライター・アライコウのブログ。創作、新旧の商業・インディーノベルゲームなどについて書きます。

小品、しかし大きな可能性の実験作『KaleidoScopic』レビュー

今回のフリーゲームレビューは、いりえさん(@IriethotADV)の『KaleidoScopic』です。いりえさんは元商業ゲームプランナーで、最近ゲームライター活動を開始された方です。Twitterでは日々、ノベル・アドベンチャーゲームについてのさまざまなツイートをさ…

『1999ChristmasEve』がなければFateはなかったかもという話

以前このブログでも書いた【世界のビジュアルノベルゲームは今。第3回「ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」】に、昨夜参加しました。 【世界のビジュアルノベルゲームは今。第3回「ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」】に参加します アド…

本邦初のアドベンチャーゲーム制作指南書「ジ・アドベンチャー」

アドベンチャーゲーム制作ツール、その源流を辿る これこそがツクールシリーズの元祖! 「アドベンチャー・ツクール」 何度か書いていますが、最近の私はノベル・アドベンチャーゲームの歴史を制作ツールという観点から捉え直してみるという試みをしています…

クリック型アドベンチャーの醍醐味を再確認、そして新発見。『シロナガス島への帰還』レビュー

先日発表された同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018の作品部門、つまり総合部門の受賞は旅の道『シロナガス島への帰還』に決定した。 同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018『シロナガス島への帰還』は主演女優部門、楽部門、そして全作品の中から選ばれる作品部門…

札幌創作オフ会に参加。そしてアマチュア創作の今後について

7日から9日にかけて札幌に旅行していました。飛行機に乗るのは高校の修学旅行以来で、乗り方とかろくにわからなかったんですが、今時はスマホでパッパと手続きできるんですね。思った以上に簡単で驚きました。 さて、今回の旅行の目的のひとつは、フリーノベ…

【世界のビジュアルノベルゲームは今。第3回「ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」】に参加します

以前、「世界のビジュアルノベルゲームは今」というイベントに参加したことがありました。 国内だけでなく海外にも目を向けたビジュアルノベルの勉強会、といった感じのイベントなんですが、7月1日に第3回が開催されます。私もチケットを購入しました。 pass…

彼をいつまでもエミヤではなくアーチャーと呼びたい古参Fateファンの他愛ない戯言

先日、『Fate/stay night+hollow ataraxia 復刻版』が発売されることがTYPE-MOONより発表された。 『Fate/stay night+hollow ataraxia 復刻版』を発売いたします。発売日は「2019年6月28日(金)」を予定しております。詳細はこちらにてご確認下さい。https:…

2010年代を代表するインディーノベルゲーム『ファタモルガーナの館』その軌跡

2010年代もさまざまなインディーノベルゲームがリリースされましたが、その中でも特に話題になった作品といえば、やはりこれでしょう。 novect.net ノベクタクルが2012年にリリースした『ファタモルガーナの館』。シナリオを手がけたのはプロの作家・ライタ…

大作インディーノベルゲーム『FATAL TWELVE』のPS4版がリリース決定!

インディーノベルゲーム界にとって、明るいニュースが舞い込んできました。 これは死から始まる命の物語――PS4用ソフト「FATAL TWELVE」の専用ページがプレオープンしました!発売日は2019年8月8日(木)。テキストは日本語・英語の切り替えが可能です!https…

海外発セクシーSFビジュアルノベル『Time Tenshi』レビュー

www.araicreate-blog.com 昨年から取りかかっていたこの作品ですが、ようやく一通りの翻訳しながらプレイが終了しました。 それにしても口語英語は難しいですね。暇を見ては単語集や文法書を読んだり、いろいろ勉強しながらのプレイでしたが、基本がわかる程…