Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

『西暦2236年』レビュー前編――変わらぬ風景、変わらぬ人類の未来SF

ノベルゲームの傑作・良作はだいたいSFである。 そもそもSFの定義は――という議論が長年続いているわけだが、日本SFファングループ連合会議による「星雲賞」の受賞作・候補作を見てもわかるように、とにかく幅広い。アニメ『けものフレンズ』のメディア部門受…

【朗報】サスペンスノベル『いえのかぎ』ついに再始動

サスペンスノベルゲーム『いえのかぎ』については、当ブログでも何度か取り上げたことがあり、レビューも書きました。 www.araicreate-blog.com 同人即売会では何も問題なくリリースされているのですが、やはりダウンロードストアで正式販売されて欲しい……そ…

考察系SFアドベンチャーの良作『MYTH』の新作が10年ぶりに登場

今から10年前、2008年は今思えば同人ノベルゲームがもっとも盛り上がっていた時期だったかもしれません。ノベルゲームエンジンが成熟し、同人ゲームのレビュー・紹介サイトが多く健在で、PCゲーム自体がまだ今より元気がある頃で、何よりスマホゲームのよう…

『虚構英雄ジンガイア』レビューFINAL――そして彼は父親になった

※未読の方はこちらからどうぞ。 『虚構英雄ジンガイア』レビュー序論――ノベルゲームの父親不在 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.1――連作ノベルゲームの理想型 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.2――ノベルゲームへのゲーム的アプローチ 『虚構英雄ジンガ…

『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.3――インディーではなく、同人ゲームらしさを求めて

※未読の方はこちらからどうぞ。 『虚構英雄ジンガイア』レビュー序論――ノベルゲームの父親不在 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.1――連作ノベルゲームの理想型 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.2――ノベルゲームへのゲーム的アプローチ 1997年リリースの…

『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.2――ノベルゲームへのゲーム的アプローチ

※未読の方はこちらからどうぞ。 『虚構英雄ジンガイア』レビュー序論――ノベルゲームの父親不在 『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.1――連作ノベルゲームの理想型 「やりなおし」は、常にゲームクリエイターに好まれてきた。 これを題材にした近年の代表作は…

『送り犬』はサウンドノベルの源流を受け継いだ作品という話

本日7月12日から、Nintendo Switch版『送り犬』がダウンロード販売開始になりました。 Nintendo Switch「送り犬」配信開始となりました。価格は税込990円です。「送り犬」は飯島多紀哉さんの短編小説を原作にしたホラーノベルゲームです。選択肢により分岐し…

期待どおりの良作の予感! 『CisLugI -シスラギ-』体験版レビュー

www.araicreate-blog.com インディーゲームでありながらTVCMを放映するなど、今までにない話題を振りまいている『CisLugI -シスラギ-』。満を持して体験版も公開されたのですが、さっそくプレイしたのでレビューをお届けします。本作は4編から構成されており…

前代未聞! 期待のインディーノベルゲーム『CisLugI -シスラギ-』のCMが放送

www.araicreate-blog.com 以前も紹介したことがあるインディーノベルゲーム『CisLugI -シスラギ-』。今夏リリースの中では最有力の期待作ですが、とんでもないニュースが舞い込んできました。 【緊急速報】本日7/6(金)22:26頃~22:30の間に、TOKYO MX内にて…

『虚構英雄ジンガイア』レビューVol.1――連作ノベルゲームの理想型

※未読の方はこちらからどうぞ。 『虚構英雄ジンガイア』レビュー序論――ノベルゲームの父親不在 サークルばかすか制作のノベルゲーム『虚構英雄ジンガイア』(以下ジンガイア)は2013年の冬にプロローグ版がリリースされ、その後Vol.1、Vol.2、Vol.3とエピソ…