Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

クラウドファンディングも大成功、世界が注目するインディーノベルゲーム『FATAL TWELVE』

スポンサードリンク

 今回ご紹介するのは、サークルあいうえおカンパニーの『FATAL TWELVE』。前作の『しずくのおと -fall into poison-』はSteamでも大変評判がよく、このサークルの次回作にはまさに世界中が注目していました。

fatal12.com

喫茶ライオン館のマスター代理を務める女子高生・獅子舞凛火は後輩・日辻直未との帰宅途中、突然、電車内で爆発に巻き込まれる。
直未をかばった凛火は、虚しくも命の終わりを迎えた。
だが、気付けば凛火の死はなかったかのように、いつもと変わらず喫茶店で直未たちと談笑をしていた。

 

数日後、凛火は夢の世界で女神・パルカと出会う。
一度迎えた死の運命は改変され、≪女神の選定≫と呼ばれる12人が12週間の間に脱落させ合うという儀式の参加者になっていたことが明らかとなった。
戸惑う凛火たっだが、選定の参加者の中に友人・未島海晴の姿を見つけ……?

 

必要なのは、現実世界で参加者の「氏名・死因・未練」の情報を集め、相手を「指名」することだった。

 

凛火自身の死の真相と未練。
彼女に命を捧げると宣言した海晴の動向。
自らが生き残るため、それぞれの手段をとる他の参加者たち。

 

凛火に訪れるのは、様々な想いとの直面。

 

そして、いくつもの生と死の果てに待つ凛火の決断とは――?

 一言で言えばデスゲーム系です。とはいっても選定の参加者はすでに死んだ身なので、その表現も厳密には正確ではなさそうです。実際、参加者たちを殺す必要はなく、3つの情報を集めることで脱落させるというのが本作のユニークポイント。バイオレンスではなく知略の戦いが展開されそうです。ただし主人公の凛火は、他人を脱落させようなんて性格じゃなさそうなので、海晴をはじめとする友人たちとのドラマがメインになりそうです。

 さて、最近はクラウドファンディングで資金を集めるインディーゲームが珍しくありませんが、『FATAL TWELVE』もKickstarterでのクラウドファンディングにチャレンジし、見事成功させたという経緯があります。その結果、中国語・フランス語への翻訳決定、そしてフルボイスが実現しました。前作以上に話題になることは間違いないでしょう。

 今冬の最注目のインディーノベルゲームのひとつといって差し支えありません。まずは体験版でその世界観と商業並みのクオリティに触れてみてください。≪女神の選定≫のルールがちょっとわかりにくいかもですが、解説動画が用意されているという親切ぶりです。