Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

ノベルゲームを初めて作るなら短編を!

スポンサードリンク

 今週の日曜日、ちょっと早い忘年会に参加しました。午後3時からという早い時間からのお酒は、とても楽しいものでした。
 参加者の中には私と同じクリエイター畑の人たちも多くいて、ノベルゲーム制作者もいました。今回ご紹介するのはその中から、サークルE.L.F art Worksの『或る事情による充電の方法』です。

novelgame.jp

これは少し、未来の話――。謎の静電気事故が横行する日本で平凡に生きている僕は、いつもの電車でちょっと変わった少女に出会った。

 プレイ時間はせいぜい10分、分岐なしの短編です。ジャンルとしては、青春SFボーイミーツガールでしょうか。
 最近話題になった社会現象と疑似科学が上手い具合に融合しており、その絵柄も手伝って、とてもキュートな小品となっています。エンディングにはほっこりさせられました。ちょっと誤字が目立ったのが気になりましたが。

 本作のツールはティラノビルダーpro。このブログでも何回か紹介している、初心者向けとして利用者が続々増えているツールです。これがサークルの処女作ということですが、それでも初めてづくしでたくさんの苦労があったことと思います。
 しかし見事に、ひとつの作品として完成させた。実に素晴らしいことです。

 私だけでなく多くのクリエイターが同じように考えていると思いますが、初めてノベルゲームを作るなら、断然短編がいいのです。
 ノウハウを身につけるには、作品を完成させる以外の道はありません。完成品があれば、次回作を作る際のメンバー募集に役立ったりもします。「ここのサークルは完成させた実績があるんだ」となれば、信頼度が段違いです。
 何より、完成品をリリースしたことがある――これがどれほどの自信になることか。

 そんなわけで、これからノベルゲームを作りたいと思うなら、本作のようなプレイ時間10分のシナリオからチャレンジしてみることをオススメします。