Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

インディーゲームを作るなら有料のレンタルサーバーを

スポンサードリンク

 私が初めてフリーゲームを公開した当初は、無料のレンタルサーバーを使っていました。ゲームの置き場はベクターやふりーむがありましたし、メールアドレスもプロバイダのを使っていましたから、これで不便に思うことは特にありませんでした。

 しかし制作を続けていくうちに、ある欲求が生まれてきました。


 一国一城の主になりたい。


 つまり独自ドメイン――自分だけのサイトURLとメールアドレスを持って、スマートに見せたいと思ったということです。やっぱ見た目って大事なんですよ。いかにもカッコいいじゃないですか、独自ドメイン。

 そうなるとレンタルサーバーのほうも、無料ではなく有料のレンタルサーバーに乗り換える必要があります。今は独自ドメインが使える無料レンタルサーバーもあるようですが、当時はそういうものはなかったように思います。

 私が初めて契約した有料のレンタルサーバーは、ロリポップでした。選んだ理由は、とにかく安い。

 当時は月額200円くらいだったと思いますが、今は最低額のプランで100円まで下がっているんですね。初期費用と合わせても、年間3,000円もかかりません。また、以前は18禁同人がNGだったのですが、2010年の時点で緩和され、OKになっています。恥ずかしながら今さら知りました。

 私が現在契約しているサーバーは、さくらインターネットです。ロリポップと同じくらい安く、こちらと契約しているサークルも多いでしょう。ロリポップが禁止事項を緩和する前から18禁同人がOKで、そのため多くの18禁同人サークルがここを利用しています。

 初めて有料のレンタルサーバーと契約するなら、この2つが甲乙付けがたく、第一候補にしていいと思います。