Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

著作権切れ小説をサウンドノベル化したらパクリと言われた件

スポンサードリンク

 フリーゲーム作家時代、私は著作権切れ小説を使ったサウンドノベル、その名も『名作サウンドノベルシリーズ』を制作していました。今もベクターで公開しています。

 その小説はどこから手に入れるかというと、もちろん青空文庫からです。以前から主張していることなんですが、AVG制作がまったく初めてという人は、青空文庫著作権切れ小説を使ってツールの使い方を覚えるのがいいです。文章表示、シーンに合わせた画像の切り替え、音楽や効果音の再生など、基本的なことを効率よく習得できます。

 嬉しいことに2007年、このシリーズを作っていたことが評価されて、青空文庫の10周年記念DVDに収録されました。同時に行われた10周年記念パーティーにも足を運びましたね。

f:id:araicreate:20170913160846j:plain

 これがそのDVDです。同じような取り組みをしていた方は他にもいて、私の作品と一緒に収録されています。特に個人サークル言ノ葉迷宮の『ゲームライズド・ノベル』は非常に高いレベルの作品に仕上がっているので、ぜひ一度プレイしてみてください。

ch.nicovideo.jp

 さて、この『名作サウンドノベルシリーズ』ですが、当初一悶着ありました。著作権切れ小説をサウンドノベル化するというのは私が考えたものではなく、他の人がすでに作っていたのです。私はそれを見て「なるほどいいアイディアだな」と考え、自分でもやってみたわけです。
 するとその人が、私のことを名指しで「アイディアをパクった」と非難しました。
 驚いた私は、一言くらい言うべきだったかなと、その旨メールをしたためたわけですが……今思えばまったくそんな必要はありませんでした。掲載作品を誰に断ることもなくどう使っても自由、それが青空文庫の理念のはずですから。自分のアイディアなどと主張するほうがおかしいのです。結局その人を擁護する人はまるでおらず、すぐにトーンダウンしていましたね。

 そういうわけで、著作権切れ小説は誰がどのようにゲーム化してもいいのです。繰り返しになりますが、特にゲーム制作初心者の方にオススメです。