Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

真逆という言葉が好きじゃない

 シナリオライターは言葉を操る職業です。したがってあらゆる言葉を適材適所で使うべき……とは思うのですが、どうしても好きになれない言葉もあります。

 

「真逆」

 

 まぎゃく。この言葉がいつ頃から使われるようになったのかわかりませんが、ここ数年ですっかり市民権を得た感じがあります。

 意味は明快ですよ。真に逆。まったく逆。しかし口にしたときに、どうも響きが悪いというか、言いにくいというか。

 言葉は変化するものだし、新しい言葉が続々生まれ、それらが定着することも当然のことです。しかしこれに関しては「正反対」でよくない? とか思うわけで。私の父もテレビで聞くたびに「なんだ真逆って」とか言ったりしてますね。「真人間」は何とも思わないのですが……。

 

 結局は好み、感覚的な問題で、これを使っている人についてどうこう言うつもりはありませんし、尊重します。しかし自分が使うことはないだろうし、自分の作品のキャラクターにもこの言葉はしゃべらせないだろうなと思うのでした。