Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、新旧のインディーゲームなどについて書きます。

ラノゲツクールMVに期待すること

今冬発売のラノゲツクールMV、Steamでは日本に先駆けて『Visual Novel Maker』のタイトルで17日に発売されます(日本語非対応)。 海外でもますますノベルゲーム制作が盛んになることを期待したいですね。 さて、私もラノゲツクールMVを購入するつもりです。…

インディーゲームを作るなら有料のレンタルサーバーを

私が初めてフリーゲームを公開した当初は、無料のレンタルサーバーを使っていました。ゲームの置き場はベクターやふりーむがありましたし、メールアドレスもプロバイダのを使っていましたから、これで不便に思うことは特にありませんでした。 しかし制作を続…

「拙い翻訳でも、ないよりあったほうがいい?」海外のノベルゲームファンに聞いてみた

何度か語っていますが、ホラーアドベンチャーゲーム『BAD END』は当初、拙いながら自力で翻訳し、海外市場に打って出ました。 厳しい評価もありましたが、好意的なプレイヤーも意外に多く、大きく売上を伸ばすことに成功しました。その後、有志のネイティブ…

ノベルゲーム制作ハウツー本の歴史・オールジャンル編

ツールやシナリオライティングに特化せず、総合的にノベルゲーム制作を扱った本もいくつかあります。 ノベルゲーム制作マニュアル 誰も教えてくれない「同人18禁ソフト」の始め方・儲け方 ゼロからはじめるノベルゲームの作り方 同人ノベルゲームで成功する…

ノベルゲーム制作ハウツー本の歴史・シナリオライティング編

いくらツールの作り方を習得しても、肝心のシナリオの作り方がわからない! そう嘆くクリエイターは多いと思います。 ゲームシナリオという大きな枠組みなら、相当の数の本が見つかるのですが、ノベル・アドベンチャーゲームというジャンルに限定すると、両…

ノベルゲーム制作ハウツー本の歴史・ツール編

ノベルゲームってどうやって作ればいいの? そう悩むクリエイターにとってのひとつの選択肢として、ハウツー本があります。小説の書き方や絵の描き方を教えてくれる本はたくさんありますが、ノベルゲーム制作のハウツー本も結構な数があるのです。 それらハ…

高機能ノベルゲーム制作ツール『ADV+++』を使ってみない?

何度かこのブログでも触れていますが、私が現在メインに使っているノベルゲーム制作ツールは『ADV+++』です。読みは「エーディーブイ」です。 www.yox-project.com プロフェッショナル仕様と銘打たれた、商業のエンジンとしても使用されているツールです。私…

それで結局、ノベルゲーム制作にはどのツールを使えばいいの?

先日、ノベルゲーム制作ツールの歴史をまとめました。 www.araicreate-blog.com 調べていてさまざまなツールがあることを再認識した次第ですが、「ノベルゲーム制作をしてみたいけど、どのツールを使えばいいんだろう……」と悩む人は多いかと思います。 しか…

SakuraGame問題は日本クリエイターの競争力の問題である

近頃、中国パブリッシャー「SakuraGame」がSteam&インディーゲーム界隈で話題になっています。ちょうど先日、まとめ記事を書かれた方がいました。私もこの件については関心を持っていたものの、いまいち詳細まではわからずにいたのですが、非常によく理解で…

ノベルゲーム実況の面白さの本質とは

今やインディーゲーム、とりわけフリーゲームは実況と切っても切り離せない関係です。実況動画がきっかけでその名を一躍広めたゲームもあり、『青鬼』がその代表でしょうか。 【青鬼】絶叫に定評のある友人に無理やり実況させた【実況】part1 さて、実況動画…

今こそ再評価すべき! スタジオディーン版『Fate/stay night』7つの見どころ

もうすぐ劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]』が公開されますね。私は立川シネマシティの会員ですが、極上爆音上映でやってくれるとは嬉しいかぎり。 さて、FGOからFateにハマったという人がだいぶいると思います。原作の第二ルートである『Unlimited B…

今RPGを作るなら? RPG制作ツールまとめ

ノベルゲーム制作ツールの歴史の記事は、予想以上に多くの人に読んでいただけました。ノベル・アドベンチャーゲームの愛好家が多いことを再確認できて嬉しいかぎり。 www.araicreate-blog.com しかしアマチュアクリエイター&プレイヤーにより人気のジャンル…

『送り犬』復活! ホラー好きは要チェック

私のゲームシナリオライターデビューがiアプリのホラーゲーム『送り犬』のサブシナリオということは以前に書きました。 araicreate.hatenablog.com いい作品なのでスマホ移植でもされないか……と常々思っていましたが、朗報が飛び込んできました。Nintendo Sw…

同人ing! 同人ゲームクリエイターかくあるべし

この数年、同人ノベル・アドベンチャーゲームの新規開拓があまりできていません。だからこそ懐かしの作品をメインに記事を書いてきたわけですが、正直もうネタ切れであります。 今後は新しめの作品も積極的に取り上げたいと思いますが、ペースはゆっくりめに…

種と善悪と生き様と。『Creatures~生きとし生けるもの達へ』

私もドラクエやFFで育ったRPG大好き人間ですが、ゲームクリエイターになってこのかた、RPGを作ったことはありませんでした。しかしクリエイターとしての芸風を広げるためにも、買ってからずっとほったらかしにしていたRPGツクールMVの使い方を本格的に覚えよ…

未完成が一番残念だった同人ノベルゲーム

以前、未完成の同人ゲームが多いことについて書きました。 araicreate.hatenablog.com ふと思ったのですが、未完成に終わったことが一番残念だった作品は何か……。ほとんど悩むことなく、これに決まりました。 個人サークルLAST WHITEが開発していた『EDEN -…

フリーゲーム作家の小さな喜び

苦労してフリーゲームを完成させ、公開。プレイヤーから感想をもらう……。これだけでも充実感があるものですが、そこからまた小さな喜びがやって来たりします。そう、出版社からの雑誌掲載依頼です。 パソコン雑誌には数ページ程度のフリーゲームコーナーがあ…

小細工したって無駄ですよ

実家に帰っているため、初のスマホからの投稿です。 さて、不愉快なコメントが来たのでIPアドレスをチェックしてみたら、何と今までコメントしてくれた人は全部同じ人だと判明! あまりのことに呆然です。 別に不愉快なコメントだとしても、それはそれでひと…

ひぐらしのなく頃にアンソロジーノベルの思い出

『月姫』とともに同人ノベルゲームの金字塔を打ち立てた『ひぐらしのなく頃に』。同人発でありながら、コミカライズやコンシューマー化など数え切れないほどの商業進出を果たしましたが、その中のひとつにアンソロジーノベルがありました。 この手の商品はプ…

「何でも願いを叶えてやろう」「じゃあ願いを無限に増やしてくれ(ニヤリ)」「了解した」「???」

ブログ開設以来、順調に読者が増えているようですので、今後はこれまでのシナリオ仕事の紹介もしてみようと思います。 ガラケー時代からのモバイルアドベンチャーゲームのファンなら、テンクロスの名はご存じかと思います。『召しませMoney!』『Airs』とい…

美しきヴァンパイアとの対立。良質な女性向けファンタジーAVG

今までにプレイした女性向け同人アドベンチャーゲームの中で、一番好きなのは『時函』ですが、二番目はこちらの作品になります。 サークル水桜月(みかつき)が2009年にリリースした『漆黒ノ月』。女性向けという枠組みですが、乙女でもBLでもなく、一般向け…

良作怪作なんでもあり! ティラノゲームフェス

先日のノベルゲーム制作ツールの歴史でも取り上げましたが、今もっとも人気のツールのひとつがティラノスクリプト&ティラノビルダーです。 tyrano.jp タグリファレンスの充実、活発なコミュニティ、有志によるお役立ちプラグインの公開など、初心者にとって…

著作権切れ小説をサウンドノベル化したらパクリと言われた件

フリーゲーム作家時代、私は著作権切れ小説を使ったサウンドノベル、その名も『名作サウンドノベルシリーズ』を制作していました。今もベクターで公開しています。 その小説はどこから手に入れるかというと、もちろん青空文庫からです。以前から主張している…

これがなければ月姫もひぐらしも生まれなかった! ノベルゲーム制作ツールの歴史

今冬、ラノゲツクールMVというのが発売されるそうです。 tkool.jp ここ数年、個人企業問わず、どんどんと新しいノベル・アドベンチャーゲーム制作ツール(以下AVG制作ツール)がリリースされており、喜ばしいことです。同人ノベル・アドベンチャーゲームはこ…

グロテスクなゲームをレビューしたら文句を言われた件

以前私はノベル・アドベンチャーゲームのレビューサイトを運営していました。作者の方たちからお礼のメッセージをいただいたりすると、ささやかな充実感があったりしたわけですが、時にはおかしな経験をすることもありました。 切っ先が、私の胸に沈んでゆく…

ランサーズでは声の募集もあります

ランサーズはフリーランスのライターやデザイナーのためのサイトだと思われていますが、実は声優やナレーションの募集も少ないながらあったりします。 マルチメディア > 声優・ナレーション・音声素材というカテゴリです。ノベルゲームのキャラクターボイス…

フリーゲームコンテストの思い出

フリーゲーム作家から創作活動を開始した私ですが、たびたびフリーゲームコンテストに参加していました。 ふりーむ![ 第1回ふりーむ!ゲームコンテスト:結果発表 ] 現在も続いている「ふりーむ!ゲームコンテスト」の第1回に『稲妻教師&女教師 伝説の教…

伝説のフリーホラーノベルゲーム、その知られざるバージョン

今も多くのクリエイターに愛用されているノベル・アドベンチャーゲーム制作ツールの「吉里吉里2/KAG3」。私がはじめてノベルゲームを作ったときも、これを使わせてもらっていました。あの『Fate/stay night』に採用されたことでも知られています。 このツー…

特選 ゼロ年代フリーAVGレビュー

これまで主に有料の同人ゲームを取り上げてきましたが、もちろんフリーゲームのほうがプレイ経験は多いです。それで数年前、このようなブログを書いていたことがありました。 ch.nicovideo.jp 2000~2009年にリリースされたフリーのノベル・アドベンチャーゲ…

学怖ファンは必見。大学生にもなってあった怖い話

私が『学校であった怖い話』の大ファンであることは以前書いたとおりですが、この作品のパロディもいろいろとあるものです。 サークルエキゾチック占姥が2010年にリリースした『大学生にもなってあった怖い話』。これを発見したときの衝撃といったらなかった…